掃除・洗濯・収納などの家事の「困った」を解決するブログ!

カジスタ

洗濯方法

カーテンの洗濯に柔軟剤とネットを使わなければいけない理由とは?

更新日:

青いレースのカーテン

TheUjulala / Pixabay

カーテンの洗濯ってめったにするものではないので、いざ「洗おう!」と思ったときに「正しい方法がわからない...」なんてことになりかねませんね。

私もよく知らなかったときは、「洗えるカーテン」ならそのまま衣類と同じように、洗剤を入れて洗濯機で洗っていました。

でも、デリケートなカーテンには柔軟剤とネットを使った正しい洗濯方法がありますよ。

この機会に勉強して学んでおきましょう。

スポンサーリンク

カーテンの洗濯表示を確かめる

タグの絵

janjf93 / Pixabay

カーテンなど布製品には、洗濯表示があります。

洗濯機OKの表示なら洗ってOKです。

 

ところで、「洗濯表示をすべて理解している人は少ないのではないか」と私は思うのですが、いかがでしょうか?

この洗濯表示、2016年12月から『新しい取り扱い表示に変わる』ということをニュースなどで聞いた人もいるかもしれません。

これまでは日本工業規格(JIS)の規格で定められた表示だったものが、国際規格(ISO)と同じ表示になります。

時代のグローバル化に合わせてということのようですが、古い表示でさえきちんとわかっていないのに、新しい表示がでてくるなんてややこしいですね...

 

新しい表示について、私はわかりにくいと感じました(苦笑)

でも、せっかくなら新しい絵表示も知っておくと便利だと思いますので、この機会にちょっと勉強してみてもいいかもしれませんね。

こちらの花王さんのサイトにも載っているので参考にしてみてください。

新しい取扱い表示(マイカジ)

 

カーテンの洗濯方法とネットの使い方

洗濯表示の絵を持つ人

Peggy_Marco / Pixabay

カーテンを洗うときは、まず「ホコリをとってから」です。

こうすることで汚れは落ちやすくなりますよ。

フックも忘れずに取りましょうね。

 

そして、注意したいのは『弱水流で洗う』ということです。

デリケートなカーテンには、オシャレ着用の洗剤を使うことをおススメします。

さらに『洗濯ネットに入れる』ということ!

洗濯ネットに入れることでしわがつきにくく、汚れが落ちやすくなりますよ。

カーテンを洗濯ネットに入れるときは、そのままぐしゃっと入れずに、ジャバラに折りたたんで小さくしてから入れましょうね。

 

また、「ドライコース」(おうちクリーニングコース、おしゃれ着洗いコース等)を選択して洗うと良いでしょう。

カーテンが痛んでいるかのチェックも忘れずに!

生地を引っ張ってみると弱っていることがありますね。

そんな場合は無理せず手洗いにしましょう。

 

こんな便利な洗濯ネットもありますよ。使うだけで時間短縮になるお得な商品ですね。

 


カーテンの洗濯に柔軟剤を使うメリット

レースのカーテン

Unsplash / Pixabay

柔軟剤にはどのような役割があるのかご存知でしょうか?

私は、その名の通り『柔らかく仕上げるだけのものでしょ』と思っていました。

柔軟剤を使えばタオルなどもふっくら仕上がりますもんね。

 

しかし柔軟剤には、「静電気防止効果もある」ということを知っている人は少ないのではないでしょうか?

多くのカーテンに使われているポリエステル素材は、静電気を起こしやすいという欠点ももっています。

静電気が起こるということは、ホコリや花粉などの汚れもついてしまいやすいということ!なので、これはぜひとも防止したいですよね。

 

また、イメージでわかると思いますが、「シワを防ぐ効果」もあります。

せっかくカーテンを洗うなら静電気とシワがないように、キレイに仕上げましょう。

 

場合によっては漬け置き洗いやブラッシングが必要

知らないうちにカビなどで黒ずんでしまい、汚れが染みついてしまったカーテンは、洗濯だけでは落ちにくくなります。

そんなときは、漂白剤、カビ取り剤などを使用すると良いのですが、色柄ものには使えない場合が多いので注意が必要です。

また、洗剤を入れてしばらく漬け置きをして、汚れた部分だけさらにブラッシングをすると良いでしょう。

 

まとめ

カーテンの洗濯はコツさえ守れば難しくはありません。

カーテンの洗濯で覚えおきたいことは...

1.洗濯表示を確認

2.カーテンの状態(ほつれ、汚れ)を確認

3.洗える状態ならカーテンのホコリをとってから洗濯。ひどい汚れは漬け置きやブラッシングしてから。

4.洗濯ネットにジャバラに折りたたんだカーテンを入れる。ドライコースで。

5.柔軟剤は静電気防止効果、シワを防ぐ効果がある

ということです。

そして...

洗濯ネットを使う理由は「しわをつきにくくして、汚れ落ちをよくする」ため!

柔軟剤を使うのは「静電気防止」「シワ防止」のため!

ということですね。

 

カーテンをよりキレイに仕上げるのにこれらのことが役に立ちますよ。

今まで使ったことないという人は、洗濯後の仕上がりが変わってくると思いますのでぜひ使ってみましょう!

 

-洗濯方法
-, , , ,

Copyright© カジスタ , 2018 All Rights Reserved.