掃除・洗濯・収納などの家事の「困った」を解決するブログ!

カジスタ

掃除方法

大掃除の順番はどうすればいい?!迷ったら部屋ごとに始めよう!

更新日:

ほうきと掃除機

いよいよ年末。

新しい年を迎えるにあたって、掃除が苦手な人も「年末はちょっと頑張ってみようかな?」という気持ちになりますよね。普段からキレイにすることを心がけている人なら尚更、いつもよりさらに気合いが入ります。

でも「いざ大掃除をするぞ!」と決めたとしても「どこから手をつけよう...」と迷ってしまうかもしれませんね。

目についたところから無計画に始めれば効率が悪くなりますし、時間をダラダラかけると掃除自体嫌になってしまうかもしれません。

そこで今回は『効率的な大掃除の順番』について書きました。これを読んで要領よく掃除し始めてくださいね。

スポンサーリンク

大掃除は余裕を持って始めよう!

12月のカレンダー

「大掃除の順番はどうすればよいのかわからない」という場合は、部屋ごとに分けて掃除をするのがオススメです。

が、その前に、「一日で何もかもやってしまおう」とは思わないほうが良いでしょう。

私も昔は、年末に掃除を丸1日から2日位かけてしていたのですが、そうすると1月1日の新年を迎える頃にはどっと疲れが出てしまっていました。

年末恒例の紅白もゆっくり見られないし、掃除のやり残しがあったりすると、なんとなく一年の始めの気分がイマイチだったりしていましたね。

こんな経験から、大掃除は12月30日くらいまでには少しずつ済ませて、あとはゆっくり過ごすのが良いと思うようになりましたよ。

 

まずは大掃除の計画を立てる!

プロジェクトproject

いつまでに掃除を終わらせる』という目標を立てることは大事です。

そうでないと、「まだ時間はある」と思ってしまってダラダラとしてしまいますよ。

短期集中で取り組む方法、毎日コツコツ長期で取り組む方法、人によって向いているやり方でやれば大丈夫です。

いずれの方法も、計画を立てて効率よくやるということは大事ですね。

やることリストなどを作るのもいい方法です。いつまでにやるか、何をするか、ということを紙に書いて明確にすればやる気もアップしますよ。

 

大掃除では先にゴミを片づける!

ゴミ箱に入りきらないごみ

掃除をしていると、先に見た目を綺麗に整えたくなりますが、そんなことは後回しにしましょう。

整理整頓にこだわっていたら時間の効率が悪くなりますよ。

まずは、すべての部屋からいらないものを出すと掃除に取り掛かりやすくなります。

いらないものはゴミとして出しますよね。

資源ごみなど回収日が年に数回しかないような場合は、先にそれらのゴミはまとめておくといいでしょう。

ゴミがなくなってスッキリすると、掃除にも気合いが入りやすくなりますよ。

 

どの部屋から掃除するか順番を決める!

部屋のインテリア

部屋ごとに掃除をするメリットは、計画が立てやすいということです。

例えば、1日目はリビング、2日目はキッチン、3日目は寝室、という風に掃除することができます。

コツコツ少しずつ掃除したい人なら『12月は掃除集中月間』と決めて、第1週目はキッチン、2週目はトイレ洗面、3週目はリビング、などと計画しても良いでしょう。

順番は途中で変更になることもあるかもしれませんが、それでも目標の日までに掃除をすれば大丈夫です。

付け加えて私がアドバイスするなら、水回りや外回りの掃除は先に済ませておいたほうが楽ですね。

1月も近くなると寒さも厳しくなり、風呂掃除やベランダ掃除などがツラくなってくるためです。

私も、以前はかじかむ手で一生懸命窓を拭いていたものです。クシャミをしながら水回りの掃除をすることもありました。

私の主人は「大掃除って冬にするから効率悪いよね。寒くなる前にしておくべきだよね。」と言っています。(自分は全く家の掃除はしませんが...)

たしかに、まだ温かい秋のうちから掃除をするのが良いかもしれませんね。

 

高いところから掃除する!

棚に置かれているたくさんの瓶

掃除は、高いところから低いところへしていくのが基本です。

照明、エアコン、カーテンレールの上などのホコリをまず落としてきれいにしてそれから家具などを掃除していくようにしましょう。

後から高いところを掃除すると、既に掃除したところにホコリが舞ってしまい、二度手間になりますよ。

高いところから掃除するのは大掃除の基本ですよね。

 

スポンサーリンク

まとめ:順番を守って効率的に!

では、もう一度最後に大掃除の手順をおさらいしておきましょう。

1.いつまでに、どれくらいの期間で掃除するのか計画を立てる!

2.いらないゴミは先に出しておく!

3.どの部屋から掃除するか決める!

4.部屋の高いところから掃除する!

これだけ実践すれば、スムーズに効率の良い大掃除ができるでしょう。

掃除をしていると細かい部分も気になってきますが、まずは部屋ごとに汚れがひどいところや、汚れている範囲が広いところだけ優先的に掃除にするようしましょう。

そして、最終的に細かい部分を掃除すれば、部屋もピカピカになっていきますよ。

 

-掃除方法
-

Copyright© カジスタ , 2018 All Rights Reserved.