掃除・洗濯・収納などの家事の「困った」を解決するブログ!

カジスタ

主婦の知恵

ニットとセーターとカーディガンの違い!きちんと説明できますか?

更新日:

くまのぬいぐるみが着るセーター

前回は、ニットを洗濯する際のおすすめの洗剤や柔軟剤について書きました。

⇒ ニットを洗濯するときのおすすめの洗剤&柔軟剤の正しい使い方

では、洋服の話をするときなんとなく使っている「ニット」や「セーター」「カーディガン」という言葉。

「これらの違いは何なのか?」と聞かれたらうまく答えられるでしょうか?

 

どう違うのかを知っていれば、洋服を選ぶときも納得して買い物ができるようになりますよ。

また、かっこよく答えられればそれだけでお洒落上級者と思われるかもしれませんね。

では、どんなふうに違うのかを具体的に説明していきましょう。

スポンサーリンク

ニットとセーターとカーディガンの違い

ニットとは...

グレーのニット素材

私はなんとなく「ニットが薄手でセーターは厚手のもの??」と思っていましたが、実はそれは違っていたようです。

セーターのことを「ニット」と言う人は多いのですが、本当は「ニット」というのは素材を指しますよ。

ニットは「糸をループ状に編み上げた生地」のことなのです。

 

ニットは縦横に伸縮する素材です。このニット生地がセーター、カーディガン、マフラー、帽子、手袋などのさまざまなニット製品になります。

もっと詳しく言えば、ニットは糸に使われる繊維によって分類があります。

天然繊維には、羊の毛のウールニット、カシミヤニット、アルパカニットなどがあります。

化学繊維には、ナイロン、アクリル、レーヨンなどがあります。

同じニットでも、どんな糸でできているかによって暖かさ、肌触り、値段などが変わってきますね。

 

ファッション誌でもよく「春ニットは何を選ぶ??」みたいなタイトルを見かけますが、本当の意味で使われているのがどうかは怪しいですね(笑)

ただ「セーター」というより”お洒落な感じに聞こえるから”という理由で使われているような気がします。

 

セーターとは...

黒とグレーのセーター

ニットが素材のことを表しているということが理解できたら、「セーター=ニットと考えるのは少し間違っている」ということがわかりますね。

セーターはニット製品の中の一つのアイテム、ということになります。

スカートやパンツ、Tシャツ、トレーナー…という品物の中の一つ、と言ったらいいでしょうか。

形状の特徴としては「頭からすっぽりかぶる」ということがあげられます。

頭からかぶるタイプ(プルオーバーとも言われる)のものなら、首元がハイネックであろうと、ボトルネックであろうと同じです。

袖が長くても短くても、ニット生地で作られた頭からかぶれる衣服なら「セーター」と呼びますよ。

 

カーディガンとは

ニット素材のカーディガン

カーディガンと聞いて「どんなものか想像がつかない」という人は少ないですよね。

学生服にも使用されることが多いカーディガンは、子供のころから馴染みがある人も多いことでしょう。

シャツの上から羽織ったり、夏は冷房対策として半袖やタンクトップの上から羽織ったりする人もいるのではないでしょうか。

「羽織りもの」と言ったりもしますよね。

 

カーディガンは素材ではなく、一つの製品であることは何となくわかると思います。

どんなものかというのをセーターと比較して説明すると、セーターは「かぶる」ものですが、カーディガンは「前開きができる」ものということになります。

もう少し詳しく調べてみると、次のように解説されていました。

「毛編み、ニットで作るえりのない前あきボタンどめのセーター」(新辞林 三省堂)

「毛糸類で編んだ前あきのジャケット」(デジタル大辞泉)

「毛編みのジャケット。前はボタンがけで衿は丸またはV字型。長袖が多い」(百科事典マイペディア)

これらを見てみると、素材については「編んだもの」のことを言うのが正しいと思われますね。

つまり、「毛糸類で編んだ」「前あきができるタイプ」のものがカーディガンと言えそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ニット、セーター、カーディガン。これらの違いをもう一度違まとめると...

・ニット

→ 糸をループ状に編み上げた生地のこと。縦横に伸縮する素材である。

・セーター

→ ニット製品の中の一つのアイテム。「頭からすっぽりかぶる」タイプのものを言う。

・カーディガン

→ 毛糸類で編んだ前あきができるタイプのもの。

ということになります。

 

これで少しは疑問が解決したのではないでしょうか?

なんとなく使っている言葉も、しっかり調べてみると「使い方が違っていた」なんてことがあるかもしれませんね。

特にファッション用語は時代によって使われ方が違うものがなぜか出てきますね。

そんな言葉を改めて調べてみるのも面白いのではないでしょうか。

 

↓ニットの洗濯で失敗しない方法についてはこちらでまとめていますよ。

カラフルなニット
もうニットの洗濯で失敗しない!縮む原因を知って正しく洗おう!

季節を問わず大活躍のニット。 ですが、「家での洗濯で失敗して縮んでしまった...」という経験はありま ...

続きを見る

-主婦の知恵
-, , ,

Copyright© カジスタ , 2018 All Rights Reserved.