掃除・洗濯・収納などの家事の「困った」を解決するブログ!

カジスタ

洗濯方法

ナイロンやポリエステルのコートは自宅で洗える?正しい洗濯方法は?

更新日:

ポリエステルのコートを着た女の子

ナイロンやポリエステルのコートやジャケット類は、たいていの場合『自宅での洗濯が可能』と言われていますね。

ただし、いくら洗えるからといって「ただ洗濯機に入れてバシャバシャ洗えばいい」というものでもありませんよ。

正しい洗濯の方法を知っておきましょう!

スポンサーリンク

ポリエステルとナイロンの違い

ナイロンかポリエステルのコート

繊維についての知識があれば、洗濯のときにも役に立ちますよ。

まずはそれぞれの違いについて見ていきましょう。

ポリエステルの特徴

多くの洋服に「ポリエステル」の素材は使われていますね。

私の持つ洋服にもたくさん使われていましたよ。

ポリエステルは合成繊維の1つで、次のようなメリットとデメリットがあります。

 

メリット

・耐久性がある

・シワになりにくい

・速乾性がある

・高い温度にも耐えられる

・美しい光沢感がある

・低価格

 

デメリット

・静電気を帯びやすい

・吸湿性が少ない

・汚れたら落ちにくい

 

ナイロンの特徴

一方ナイロンには次のようなメリット、デメリットがあります。

 

メリット

・比重が軽い

・摩擦折り曲げに対して強く濡れても強さは変わらない

・弾力性に富んでいる

・シワになりにくい

・虫やカビに強い

 

デメリット

・静電気を帯びやすい

・ホコリが付きやすい

・熱に弱く吸湿性が低い

 

ポリエステルやナイロンのコートの洗濯方法

洗濯機の表示

ナイロン・ポリエステルの素材は洗濯可能なことがほとんどですが、念のためにまずは絵表示を確認しましょう。

それでは、洗濯時の基本事項を手順に沿って確認します。

洗濯の基本事項

1.汚れがひどい箇所は部分洗い

毎日のように使用しているコートだと、襟や袖部分の汚れが特に目立ってきますね。

このような汚れに対しては、最初に手洗いで部分洗いをしておくと効果的ですよ。

洗うときは中性洗剤を使ってもみ洗いをしましょう。

または「襟袖専用」の洗剤を使うのもおススメですね。

 

2.洗濯ネットに入れる

洗える素材のものであっても、型崩れ防止のために『洗濯ネット』にはきちんと入れた方が良いでしょう。

留め具は閉じておきます。

そして、ネットに入れる際は裏返してたたんで入れるようにしましょう。

 

3.ドライコースで洗濯

ナイロンやポリエステルのコートでも、「ドライ」や「手洗い」マークがついているものは、「手洗いコース」や「ドライコース」を選択してくださいね!

洗剤は中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)を使うようにします。

 

4.脱水

脱水は短時間にしましょう。

3分くらいまでがベストですよ。

 

5.乾燥

太陽光が当たると色あせてしまう原因になるので、陰干しが適していますよ。

風通しの良い日陰で干しましょう。

また、型崩れしないように太いハンガーにかけましょう

時々形を整えるようにするといいですよ。

 

洗濯時に注意すること

ポリエステルもナイロンも、洗濯機で洗う場合は上記のような方法で大丈夫です。

でも心配な場合は、手洗いにしたほうがいいでしょう。

手洗いの場合は、浴槽やバケツなどに衣類を入れて、中性洗剤を入れたぬるま湯にひたし、押し洗いするようにします。

特にダウンコートなどは、強く揉むと中の素材を傷めてしまう原因になるので、やさしく洗うようにしましょう。

 

また、ナイロンジャケットやコートの中には、撥水性を持ったものもあります。

撥水性が保持されている状態のまま洗濯すると、洗濯機の中で暴れてしまう場合がありますよ。

このようなものについては手洗いした方がいいですね。

 

ナイロンは丈夫そうだからといって一般の洗濯物と一緒に、『他の洗濯物に使われるアルカリ性の洗剤』で洗うことはやめましょう。

漂白成分の入った洗剤を使用すると白っぽくなってしまうことがありますよ。

 

また、ナイロン素材のジャケットやコートにアイロンをかけたいときは、当て布をして低温にしてかけるようにしましょう!

 


まとめ

ポリエステル、ナイロンのコートやジャケット類は、丁寧に洗うことがとても大事だということがわかりましたね。

それでは洗濯のポイントをまとめます。

・汚れがひどい部分は部分洗い(中性洗剤や襟袖専用洗剤を使う)

・洗濯ネットに、裏返してたたんで入れる。留め具は閉めておく。

・「ドライ」や「手洗い」コースで洗濯する。

・脱水は短時間で。(3分くらいまでが良い)

・日陰の風通しの良いところで干す。

・ナイロン素材のものは撥水性に注意。撥水性のあるものは手洗いが基本

コートやジャケット類は頻繁に、そして長く使用することが多いですね!

自宅で上手に洗濯して、きれいな状態で長持ちさせましょう!

 

-洗濯方法
-, , ,

Copyright© カジスタ , 2018 All Rights Reserved.