掃除・洗濯・収納などの家事の「困った」を解決するブログ!

カジスタ

洗濯方法

梅雨時期の洗濯物は乾かない!スッキリ乾かす方法と臭いの対策まとめ

投稿日:

白いてるてる坊主

毎日じめじめする梅雨時期は洗濯物が乾かないことにイライラしますよね。

やっと乾いたと思っても、なんだか臭い...ついでに部屋全体もなんか匂う...

半乾きの洋服が家中に何日も干され、ハンガーもなくなり「もうイヤっ!」ってなってしまうかもしれません。

そんなあなたのために、今日は「梅雨時期に洗濯物を早く乾かす方法と臭いの対策」をまとめましたよ。

しっかり学んで今年こそ、スッキリ快適なお洗濯をしましょう!

スポンサーリンク

乾かない洗濯物から発するイヤな臭いの原因

鼻をつまう女性

半乾きの洗濯物の悪臭は、表面に雑菌が付着することで発生します。

その雑菌の名は「モラクセラ菌」。いかにも臭そうな名前ですよね。

モラクセラ菌は特別な菌ではなく、実は私たちの普段の生活に存在しています。

体に害がある訳ではありませんが、私たちの大切な服に付いた時、悪さをしてしまうんですね。

モラクセラ菌自体は臭いません。しかし、洗濯物の表面に付着し増殖したあと、洗濯物に残っている水分や皮脂を栄養にしてフンを出すんです

このフンがあの生乾きのいやな臭いを発生させるのですよ。

雑菌の糞の匂いを嗅いでいるなんて...ショックですよね...

 

洗濯物の臭い対策のポイント

洗濯物の臭いの原因が、モラクセラ菌だということが分かりました。

つまり、半乾きの臭い対策には「モラクセラ菌対策」が必要だということになりますね。

モラクセラ菌は乾燥や紫外線に強く、しっかり乾かしたとしても一部衣服に残ってしまいます

乾いた洗濯物が臭うのはそのためですね。

また、水分があると増殖するので、濡れている時間が長ければ長いほど臭いが強くなってしまいますよ。

モラクセラ菌をできるだけ発生させず、臭いを抑えるには...

・洗濯物にできるだけ皮脂などの汚れを残さない

・早く乾かす

ということになりますね。

また、お風呂の残り湯は皮脂やタンパク質の汚れが多く残っていますので、梅雨の時期には使わない方がいいでしょう。

さて、次は「早く乾かすコツ」にいきますよ。

 

部屋干しで早く乾かすコツ2つ

洗濯物を乾かす扇風機

洗濯物がよく乾く条件として、①気温が高いこと、②風が当たること、③湿度が低いことが挙げられます。

ただ、梅雨の蒸し暑い時期に、部屋の温度を高くすることはさすがに無理です...

でも、風を当てる・湿度を下げることはできそうですね。

なので、部屋干しでカラッと乾かすには、洗濯物に風を当て、部屋の湿度を下げてやるといいわけです。

具体的には...

・扇風機で風を当てる

・エアコンを除湿にする

となります。

洗濯物の水分は干している間、上から下に降りてきますよ。

扇風機の風は洗濯物の真ん中から下辺りに当たるようにしましょう。

同時にエアコンを除湿にすると効果が上がりますよ。

 

スポンサーリンク

部屋干しの洗濯物を効果的に乾かす方法いろいろ

扇風機とエアコンの力を借りたら、さらに効果的に乾かせるよう次の方法を試してみてください。

1.干す前にアイロンをかける

洗濯後すぐに干すのではなく、袖口や襟周りなど乾きにくい場所にアイロンをあてましょう。

衣服の温度が高くなり、水分が蒸発しやすくなりますよ。

干した後シワになりにくいというメリットもありますので、シャツ類にはおすすめですよ。

 

2.アーチ型に干す

干す時にもひと工夫をしましょう。

角形のピンチハンガーに干す場合、アーチ型になるようにします。

具体的には、長い衣類を外側に、短い衣類を内側に干すようにします

同じように、厚手の衣類を外側に、薄手の衣類を内側に干しましょう。

このように干すことでアーチの下側に空間ができ、風が通りやすくなって乾きやすくなりますよ。

 

3.厚みのあるハンガーに干す

ハンガーに厚みがあると、干した衣服に空間ができ、風が通りやすくなりますよ。

ハンガーの肩部分にタオルを巻きつけて厚みを出してもいいですね。

タオルが湿気を吸い取ってくれるので一石二鳥です。

また、子どもの体操服など、「明日までにどうしても乾かさなきゃ」といったものにもおすすめですよ。

 

4.一回の洗濯量を少なくする

空間の体積に対して含むことができる水分の量は決まっています。

濡れた洗濯物が多くなれば、それだけ室内の水分量が多くなり、乾きにくくなってしまいますよ。

梅雨時期は一度の洗濯量をできるだけ少なくしましょう

 

それでも臭いが付いてしまった時の対処法

どれだけ気を付けていても、臭いが付いてしまうことってありますよね。

生乾きの臭いが付いてしまった時は、残念ながら洗い直しをおすすめします。

ただ、洗い直し前の簡単な一手間で、臭いの取れ具合が全く違ってきます。その方法もご紹介しますね。

●臭いを取る方法

臭いの原因はモラクセラ菌でしたね。この菌、実は熱に弱いんです。

つまり、この熱をもって退治すればいいというわけなんです。

 

1.熱湯で煮る

タオルなど強い素材に臭いが付いた場合は、熱湯で煮ましょう。

鍋に熱湯を沸かしタオルを入れ15~20分ほど煮ます。

その後、洗濯機に柔軟剤と洗剤を入れ普通に洗濯しましょう。その際はやけどに注意して下さいね。

熱湯で煮ると色落ちしやすくなるので、色物タオルと白タオルは分けてくださいね。

 

2.酸素系漂白剤を使う

酸素系漂白剤は繊維を傷めることなく、臭いを取り除いてくれますよ。色落ちの心配もありません。

50度のお湯に酸素系漂白剤を溶かし、1~2時間ほどつけておきます。

あまりつけすぎると繊維が傷みますから気を付けて下さいね。

つけ置きが終わったらいつも通り洗濯しましょう。

 

3.アイロンをかける

ハンカチなどの小物は、アイロンをゆっくりかけてみましょう。

アイロン熱で殺菌することができますよ。

 

まとめ

部屋干しがうまくいくと、部屋中に洗剤と柔軟剤の香りが広がって、とっても気持ちがいいですよ。

部屋干しの季節だからこそ、ちょっと贅沢な柔軟剤やお気に入りの柔軟剤を使って、楽しい洗濯ライフを送ってみるのもおすすめです。

では、改めて大事なポイントをまとめておきましょう。

・臭いを防ぐにはポイント

「雑菌のエサとなる皮脂やタンパク質汚れを残さない」

「濡れている時間を短くする=早く乾かす」

・部屋干しで早く乾かすコツ

「扇風機で風を当てる」

「エアコンを除湿にする」

・部屋干しで効率的に乾かす方法

「干す前にアイロンをかける」

「アーチ型に干す」

「厚みのあるハンガーで干す」

「一回の洗濯量を少なくする」

以上が梅雨時期の洗濯物をすっきり乾かす方法と臭いの対策でした。

ぜひ取り入れて雨が続いても快適な洗濯をしてみましょう。

 

-洗濯方法
-

Copyright© カジスタ , 2018 All Rights Reserved.