掃除・洗濯・収納などの家事の「困った」を解決するブログ!

カジスタ

洗濯方法

タオルを洗濯してふわふわを取り戻す!柔軟剤の正しい使い方教えます!

更新日:

白いふわふわのタオル

お気に入りのタオルを長く使い続けていると、だんだん固くなってしまいますよね。

固くなってしまった状態からもう一度柔らかくするには、やはり柔軟剤が頼りになりますよ。

今回は、「タオルを洗濯してふわふわを取り戻すための柔軟剤の正しい使い方」についてご紹介します。

新品のようなふわふわ感を取り戻しましょう!

スポンサーリンク

柔軟剤を使ってタオルを洗濯するメリット

カラフルなタオル

柔軟剤は繊維に柔軟性を与えるだけではなく、静電気を抑える効果がありますよ。

そのため、パチっとしてお肌を傷めることがなくなりますね。

また、汚れの付着を軽減してくれるので、繊維の負担が減り、タオルを長持ちさせることができます。

もちろん肌触りや香りなど、感覚機能へも良い影響を与えてくれますよ。

 

柔軟剤を使うとタオルの吸水性は落ちるの?

『タオルに柔軟剤を使うと水を吸いにくくする』という話を聞いたことがありませんか?

柔軟剤はタオルの繊維1本1本をコーティングします。

そのコーティングが原因で水を吸い込みにくくすることはたしかにありますね。

 

しかし、これは柔軟剤の分量を守れば防ぐことができますよ。

柔軟剤は『入れれば入れるほど柔らかくなる』というわけではありません。

(私も以前は知らずにジャンジャン入れてました...)

柔軟剤の入れ過ぎは、繊維をコーティングしすぎて吸水性を悪くしてしまい逆効果になります。

使用量をきちんと守ることがとても大切ですよ。

 

柔軟剤を使用する時の注意点

毎回使用するのは避ける!

タオルのふわふわ感と吸水性の両方を保つために、柔軟剤を毎回使用することは避けましょう。

「硬くなってきたな」と感じた時に使うのが効果的ですよ。

 

また、新品のタオルには使用する必要はありません

硬さが気になり始めたら、「洗濯5回につき1回ほどの割合」で使用するようにしましょう。

 

洗剤と柔軟剤を一緒に入れない!

洗剤と柔軟剤は一緒に入れないようにしましょう。

両方とも成分は界面活性剤ですが、プラスとマイナスなどタイプが異なります。

そのため、一緒に入れるとお互いが影響を与え合い、両方の効果を打ち消してしまう恐れがありますよ。

 

ふわふわに仕上げるための上手な洗濯方法

洗濯物を詰め込みすぎない!

洗濯物は水の中で大きく動くほど汚れがよく落ちます。

洗濯槽にパンパンに詰め込むのではなく、余裕をもたせてタオルを水の中で泳がせるようにして洗いましょう。

 

脱水しすぎない!

脱水しすぎないというのも大事なポイントです。

固く絞りすぎてしまうとパイルがつぶれてガサガサの原因になってしまいますよ。

 

柔軟剤は最後に入れる!

洗濯機の洗濯槽

柔軟剤は最後のすすぎの時に入れましょう。

洗濯によって1回すすぎと2回すすぎがあるので、1回すすぎの時は1回目の時に、2回すすぎの時は2回目のすすぎの時に投入しましょう。

 

洗濯機によっては柔軟剤の投入口があるので、そこに入れておくと最後のすすぎの時に自動で投入されますよ。

もしかすると、今までは柔軟剤の投入口を気にせず、そのまま入れていた人もいるかもしれませんね?

でも、実は投入口にもちゃんと意味があるんですよ。活用しましょう!

 

干す時にも一工夫!

タオルの干し方

硬くなったタオルのふわふわを取り戻すために、適切な柔軟剤の使用と併せて、干す時にも一工夫が必要です。

コツは干す時にタオルを上下に振り下ろすことです。

洗濯後のタオルを両手で持ってバサバサと上下に振ってください。

10回程度、たっぷりと行うといいですよ。

 

タオルのガサガサは繊維のダメージはもちろん、パイルが寝て絡まってしまっていることに原因がありますよ。

それを起こして整列させてやることで、ふんわりとした肌触りを取り戻すことができます。

また、パイル生地の毛流れと反対方向に手の平で数回ほどなでて、パイルを起こしてやると弾力が増しますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

●柔軟剤を使うメリット

・柔軟性が増す

・静電気を防ぐ

・肌に優しいタオルになる

・タオルが長持ちする

●柔軟剤使用の注意点

・適切な用量を守って吸水性が減るのを防ぐ

・洗剤と柔軟剤は一緒に入れないこと

●上手な洗濯の方法

・洗濯する時はたっぷりの水で洗うこと。

・柔軟剤は最後のすすぎの時に入れること

●ふわふわを取り戻す干し方

・干す時は10回程度上下に振り下ろすこと。

・パイル生地の流れに逆らって手の平でタオルの表面をなで、パイル生地を立たせるようにする。

固くなったタオルのふわふわを取り戻すにはやはり柔軟剤が有効です。

『柔軟剤+ほんのひと手間』で、見違えるような状態になりますよ。

洗濯後、タオルがふわふわに仕上がると、家事レベルがアップしたなぁと嬉しくなります。

ぜひ試してみてくださいね。

 

-洗濯方法
-, ,

Copyright© カジスタ , 2018 All Rights Reserved.