掃除・洗濯・収納などの家事の「困った」を解決するブログ!

カジスタ

寒さ対策

窓からの冷気を遮断する!ダンボールとプチプチを使った節約防寒術!

更新日:

プチプチ

窓からのひんや~りした冷気をダンボールとぷちぷちでシャットアウトできることをご存知ですか?

プチプチとは、クッション材に使うあの空気の気泡の入ったシートのことです。エアーキャップとも呼ばれますね。

これだとお金がかからないし電気代の節約にもなりますし、エコに部屋を暖かくできますよ。

今回は、『窓から入ってくる冷気をプチプチとダンボールを使って遮断する方法』をご紹介します。

スポンサーリンク

窓から入ってくる冷気で部屋が寒い!

大きい会議室の窓

「暖房をつけてもなぜか寒い」「部屋全体がなかなか暖まらない」...

その原因は窓かもしれません!!

 

窓は冷気を部屋の中に入れ、反対に中の暖かい空気を外に出してしまいます

冬場は50パーセント以上の熱が窓から出入りしているのだそうです。

せっかく暖まった空気も、窓から逃げていってしまってるんですね。

 

ダンボールとプチプチの防寒効果が高い理由

なぜダンボールとプチプチが防寒になるのか?

その理由は「ダンボールとプチプチを窓に貼ることによって空気層を作るから」なんです。

動かない空気は良い断熱材になります。二重窓にもこの原理が使われていますよ。

外側の窓と内側の窓の間に空気層を作ることで、断熱効果を高めているのですね。

窓にダンボールとプチプチを貼ることで、『二重窓と同じような空気層を作り、冷気を防ぐ』ということなんです。

 

プチプチの貼り方

1.窓枠サイズにプチプチを切る。

2.プチプチのある面を窓に向け、両面テープで窓枠に貼る。

なぜプチプチ面が窓側なのかというと、プチプチの中の空気も空気層に含めてやることにより、空気の層を厚くするためです。

窓枠と窓ガラスの間に空気層を作ってやってくださいね。

コツはプチプチの長さを窓より長めにすることです。

冷たい空気は下へ下へと流れていきます。(足元が冷えるのはこのためですよ)

窓の下もしっかり包み込むように被せてくださいね。

 

剥がした時に両面テープの跡が残るのがイヤだという人には、メンディングテープがオススメです。

サラサラした半透明のテープで、文房具店などで売られていますね。

このメンディングテープを先に窓に貼り付けて、その上から両面テープでプチプチを貼ります。

剥がす時はテープごと剥がせば跡が残りません。

オシャレなあなたにはマスキングテープもオススメです。プチプチは軽いので、マスキングテープでも十分くっ付きますよ。

 

ちなみに『窓専用のプチプチ』もあります。

テープを使わず、水で貼り付けることができるものもありますよ。

 

使用方法はこちらです。

1.窓に霧吹きで水を吹きかける

2.プチプチのボコボコ側にも水を入れ吹きかける

3.プチプチの面を窓に向けて貼り付ける

4.完成

簡単ですね!

粘着テープを使わないので、きれいに貼れてきれいに剥がせますよ。

結露も防ぐことができて、しみやカビも予防することができます。

 

ダンボールの貼り方

こちらは「貼る」というよりも「はめる」と言ったほうがピッタリもしれません。

1.ダンボールを開き、窓サイズより少し大きめに切る

2.ダンボールの端に折り目をつける

3.折り目に合わせて、窓にピッタリ張り付くようにダンボールをはめる

4.端っこを包装の要領で処理する

段ボールの断面を見ると、表と裏の紙の間に波上の紙が入っていることがわかりますね。

この溝が空気層を作り、冷気を防ぐというわけなんです。

 

スポンサーリンク

まとめ:窓からの冷気を断って寒さ対策!

  1. 窓からくる冷気はダンボールとプチプチでシャットアウトできる!
  2. 部屋の寒さの原因は窓にある。ダンボールとプチプチで空気層を作り、二重窓のようにして冷気の移動を防ぐ
  3. プチプチはプチプチ面を窓側に向けて貼ること
  4. 窓枠とガラス窓の間に空気層を作るように貼ること
  5. 段ボールは窓より少し大きめに切って、端に折り目をつけること

このような方法で、窓からの冷気を『安く・手軽に・エコに』シャットアウトしてしまいましょう!

寒さ対策は意外と簡単にできてしまうものです。

温かい部屋で快適に過ごせるよう工夫してみてくださいね。

 

-寒さ対策
-, , ,

Copyright© カジスタ , 2018 All Rights Reserved.