掃除・洗濯・収納などの家事の「困った」を解決するブログ!

カジスタ

おすすめ便利グッズ

萬古焼の土鍋のご飯の炊き方!簡単においしく炊けて時間も節約!

更新日:

土鍋のご飯の炊き方

土鍋でご飯を炊くのって難しいと思っていませんか?

私は萬古焼のものを使い始めて長いですが、炊き方も簡単で毎回美味しくできるのでとても満足していますよ。

そこで今回は、土鍋を使おうか迷っている人やご飯鍋を初めて購入する人に向けて、「萬古焼の土鍋を使用したご飯の炊き方」をご紹介します。

失敗しがちな点や時間のかからない洗い方にも触れていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

萬古焼の土鍋でご飯を炊く

萬古焼は三重県の四日市市の伝統工芸品で、耐熱性に優れています。

土鍋の生産量は全国の70~80%を占めているそうですよ。あなたの家にある土鍋も萬古焼かもしれませんね。

ちなみに読み方は『ばんこやき』です。

 

萬古焼でごはんを炊くと、このようなメリットがあります。

・お米を包むように熱を伝えるので中までふっくらする

・火加減の調節なしで簡単に炊ける

・炊きむらができず早く炊ける

・火を止める時間を遅くすればおこげも簡単にできる

 

そして、私が使用している土鍋はこちらです。ご飯鍋と呼ばれるものですね。

3合炊きが良かったのでこれにしましたが、今のところ文句ありません。

 

土鍋のご飯の炊き方

土鍋を使用したご飯の炊き方はこちらです。

【土鍋のご飯の炊き方】

1.お米を洗う

2.浸水させる

3.炊く

4.蒸らす

簡単ですね。1時間ほどで問題なく炊き上がりますよ。

では、一つずつ見ていきましょう。

 

1.お米を洗う

まずはお米を洗いましょう。

いつものようにお米を洗って大丈夫です。

土鍋を使用しても特に違いはありませんよ。

 

2.浸水させる

お米を浸す水の量

次は、お米を浸水させましょう。

必ず30分以上は水に浸してください。

 

水の量

水の量は「米1合(180cc)につき200cc」です。

お好みで調整してもいいと思いますが、私はこの基本の水加減が好きですね。

目分量で言うと「米の上1センチ分くらい」です。

私が使っているご飯鍋には目盛りがついていますので、それに合わせて入れています。

 

3.炊く

火をつける

土鍋の内蓋

水を浸して30分経ったら、いよいよ炊き始めましょう。

内蓋と外蓋をかぶせ、中火よりやや強めで12~15分ほど炊きます。(上の写真は内蓋です)

 

米を炊くときの火加減

「中火よりやや強め」が曖昧なので写真にとりましたが、あまり伝わりませんね(笑)

火は強すぎなければ問題ないと思います。

1度炊いてみて状態を確認し、次に炊飯するときに調整しましょう。

ちなみに私が3合炊きをするときは、毎回13分にタイマーを設定して炊いています。

(※火加減調節が必要な土鍋もあります。商品の説明に従ってください。)

 

火を止める

土鍋から出る蒸気

火を消すタイミングは、外蓋の穴から勢いよく蒸気が出始めてから約30秒後です。

(蒸気が出る様子を写真に撮りましたが、これも上手くうつりませんでした...)

この時に、炊き上げ時間を1~2分伸ばすとおこげができますよ。

 

なので、「蒸気が出て30秒で火を消せばいい」と覚えておけば、細かな火加減はあまり関係ないともいえます。

火にかける時間が長くなってしまっても、おこげができてお得な気分になれたりしますからね。

料理中に横目で確認するぐらいでちょうどいいと思いますよ。

 

4.蒸らす

火を止めたらそのまま10~15分蒸らしましょう。

このときに蓋は取らないでくださいね。

ちなみに私は12分にタイマーをセットして蒸らしていますが、特に根拠はありません(笑)

あなたのお好みの時間を見つけてくださいね。

 

炊きあがったご飯

蒸らし終わったら、蓋をあけてしゃもじでほぐします

蓋を開けたときに立ち込める蒸気とおいしそうな匂いは、食欲をとてもそそりますよ。

 

この後、炊きあがった土鍋はおひつとして食卓に置いてもよいですが、保温効果はあまりありません。

なので、土鍋を洗いやすくするためにも、余ったご飯はすぐに冷凍してしまいましょう。

 

土鍋で炊いたご飯は冷凍保存

冷凍保存用のご飯

土鍋で炊いたご飯が余ったら、冷凍保存がおすすめです。

温かいままラップに包むと、蒸気を一緒に閉じ込めることができるため、水分を保つことができますよ。

レンジでチンしたときには、その水分を利用してごはんが再び美味しくなりますね。

 

冷凍する際は、ラップに包んですぐに冷凍庫に入れるのではなく、しばらく置いて余熱は取り除いてください

ご飯は平らにして薄くすることで、解凍しやすくなりますよ。

 

さらに、冷凍すると長期間保存できるようになりますが、3日目からは味が落ちるといわれています。

早めに食べるようにしましょう。

 


土鍋でご飯を炊いた後の洗い方

ご飯を炊いた後は、こびりついた米を洗いやすくするため、土鍋をお湯や水に浸けておきましょう。

私は空になった土鍋に洗剤を数滴垂らし、すぐに水に浸けています。

こうすると、食事を食べ終わった頃にはスポンジでこするだけで簡単にきれいになりますよ。

 

もしご飯が土鍋にくっつくときは、炊き方を少し工夫してみましょう。

土鍋にご飯をひっつかないようにする炊き方

・水を少し多くする

・蒸らす時間を長くする

ご飯が土鍋にくっつく原因は、水分が足りていないことです。

元々の水の量が少なかったり、火にかける時間が長すぎたりすると、水分も少なくなってしまいますね。

そんなときは、水を多めにしたり、蒸らす時間を長くしてみましょう。

蒸らす時間を長くすると、水蒸気になった土鍋内の水分が米に戻るのでひっつきにくくなりますよ。

 

土鍋でご飯を炊くときの失敗

土鍋でご飯を炊いた時の失敗としてよく挙げられるのが...

『米の芯が残る・硬い』

『吹きこぼれる』

ということですね。

 

『米の芯が残る』というのは、炊き方の問題であって土鍋の問題でありません。

おそらく浸水する時間が短いことが原因だと思われます。

しっかり30分以上水に浸すようにしましょう。

米が硬くなるのも、間違った水の量が原因ですよ。

 

『吹きこぼれる』というのは、製品によってはたしかにあります。

私も一人暮らしのときに使っていた「1合用の萬古焼のご飯鍋」ではよくふきこぼれていました。

これは火加減の調整一重蓋が原因です。

私が以前使っていたものは、「最初は強火で途中から弱火に変える」ものでした。

この「弱火に変えるタイミング」が難しく、ちょっと他のことに気を取られて強火の時間が長くなると、すぐ吹きこぼれてしまうんですよね。

 

ですが、私が今使っているものは火加減調節の必要がない二重蓋のものです。

そのため、火は常に一定で時間がきたら止めるだけです。

さらに、少し火にかける時間が長くなってしまっても、二重蓋が吹きこぼれを抑えてくれるので心配ありません。

私は1年以上同じものを使用して炊飯していますが、1度も吹きこぼれたことはありませんよ。

 

吹きこぼれるとでんぷん質が固まって白くなるので、掃除がめんどくさいんですよね。

もし吹きこぼれが気になる人は、火加減調節の必要がないご飯鍋にしてみると良いと思いますよ。

 

私の好きなご飯のお供です(笑)

 

まとめ:萬古焼の土鍋はメリットがいっぱい

今回は「萬古焼の土鍋でごはんを炊く方法」についてご紹介してきました。

ご飯の炊き方は4つの手順だけなので、とても簡単でわかりやすいですよね。

かかる時間も炊飯器を利用するのとたいして変わらないと思います。

なにより味がとても美味しいです。お店で食べるようなご飯が食卓でも味わえますよ。

さらに、土鍋でご飯を炊くと、料理上手になった気分も味わえて炊き上がったときは満足感があります。

ぜひ一度ご自身で確かめてみてくださいね。

 

-おすすめ便利グッズ
-, ,

Copyright© カジスタ , 2018 All Rights Reserved.